1/7

Noritaka Minami 『1972: Nakagin Capsule Tower』

¥6,545 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

中銀カプセルタワービルは1972年竣工、黒川紀章設計によるメタボリズム運動の代表的な建築。竣工当時は未来的なデザインで最新オーディオ機器等も取り揃えていたものの、現在はそこから40 年以上が過ぎ、建物の深刻な老朽化やアスベスト使用に伴い、建替えに揺れ動いてもいます。

シカゴ在住の日本人写真家ミナミ・ノリタカは、2010年から2015年まで5年間を掛けて、居住空間として利用される各カプセルの内部の様子を撮影。限られた空間のなかで、それぞれに生活を送る様子を俯瞰できる貴重な写真集として、プロジェクトをまとめました。戦後の高度成長のなかで、最先端の未来のビジョンを詰め込んだ建造物が、現代の時間軸に独特なレトロ感を持って立ち現れる様子を示しています。

論考:ジュリアン・ローズ(Art Forum誌編集長)、ケン・ヨシダ(批評家)

■出  版: Kehrer Verlag
■刊  行: 2015年
■仕  様: ハードカバー
■判  型: 280 × 240 mm
■ページ数: 100ページ
■図 版数: 54点カラー、1点モノクロ
■言  語: 英語
■ISBN   : 978-3-86828-548-2

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Authors: Julian Rose, Ken Yoshida, Noritaka Minami
Artist: Noritaka Minami
Designed by Sean Sullivan
Hardcover
240 × 280 mm
100 pages
54 color and 1 b/w ills.
English
ISBN 978-3-86828-548-2
2015

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥6,545 tax included

SOLD OUT

SALE
    Recommendation
      Recently Checked